最新記事

2015/09/16

イギリス、ベトナム、ペルー、脱特亜交流3題

ロンドンと東京が友好都市に

東京都は、2020年の東京五輪・パラリンピックを見据え、前回の開催都市であるロンドンと友好都市協定を結ぶ計画であるという。

舛添要一知事が11日の記者会見で「成熟都市として五輪を成功させたロンドン市の経験を学び、20年大会の成功につなげたい。この秋には調印したい」と語ったのこと。


イギリス国旗

国内最大級のベトナムフェスタが神奈川県で開催


国内最大級のベトナム関連イベント「ベトナムフェスタ in 神奈川~越 Beyond the NEXT!~」が9月19日(金)~20日(日)に開催されるという。

イベントでは多彩なベトナム料理や伝統文化の紹介コーナーが設けられ、剛力彩芽や河村隆一など豪華ゲストの出演も予定されているとのこと。


ベトナム国旗

ペルーのマチュピチュと福島県の大玉村が友好都市に


「空中都市」とも呼ばれる世界遺産マチュピチュ遺跡を擁するペルーのマチュピチュ市と、福島県の大玉村が、このほど友好都市の提携を結ぶという。



大玉村に空中都市のようなものは特にないが、マチュピチュ村の初代村長で地域の発展に尽くした野内与吉氏が大玉村出身であることが縁となった。

同村の押山利一村長は「世界で最も有名な村と友好都市になることができ、大変光栄だ。頻繁には行き来できないが、子ども同士の文化交流などを進めたい」と語ったとのこと。


ブログランキングへ


2014/10/25

アメリカ、オーストラリア、インド、インドネシア、イギリス、ベトナム、シンガポール、脱特亜外交2題

6カ国の空軍参謀が>安倍首相を表敬

安倍首相が官邸で、インド太平洋地域を担当する各国の空軍参謀長から表敬を受けたとヨコハマ経済新聞が報じている。

訪れたのはアメリカ、オーストラリア、インド、インドネシア、イギリス、ベトナムの6カ国。

これについて安倍氏は自身のFacebookの中で、「飛行の自由」は世界の平和と安定、そして繁栄を維持するために極めて重要とした上で、志を同じくするパートナーとの信頼関係を強化し、協力を深めていきたいと語っている。




シンガポール外相、日本の対外政策への支持表明

シンガポールのシャンムガム外相と安倍首相が都内で会談したと時事通信が報じている。

安倍氏は支那(中国)による海洋侵略を念頭に、「海の平和と安定に向けて、シンガポールと引き続き緊密に連携したい」と表明。

シャンムガム外相も「日本の積極的平和主義を支持する」と述べ、日本との協力関係を強化を方針を示した。


シンガポール国旗


ブログランキングへ

2014/10/23

台湾・脱特亜交流3題

愛媛県松山市と台湾・台北市が友好交流協定

愛媛県の松山市が、台湾・台北市と友好交流協定を締結したと愛媛新聞が報じている。

観光プロモーションの共同実施、文化・スポーツ交流、青少年交流、民間交流などを推進する方針という。

すでに同市のJR松山駅と台北市・松山駅は、名前が同じという縁で「友好駅協定」を一年前に結んでいる。


四国4県を台湾の高校生が歴訪


香川県さぬき市の石田高校に、台湾から高校生が訪れ、授業や部活動に参加して交流を深めたと四国新聞が報じている。

訪れたのは生徒20人と引率の教員らで、すでに他の四国3県(徳島、愛媛、高知)を巡り、各地で高校訪問や伝統文化に触れるなどの体験をしたという。

香川県では弓道の部活を見学するほか、うどん打ちの体験も予定しているという。


栃木県真岡市に台湾・斗六市から民族舞踊団が来演

栃木県真岡市で、台湾・斗六市の民族舞踊団による公演が行われると下野新聞が報じている。

真岡市の市制60周年記念事業の一環で、真岡市と斗六市が友好都市の関係にあることから実現した。

両市では、1993年より中学生の相互訪問などの交流を続けているという。




ブログランキングへ